ブログ

HOME > ブログ > 最新情報 > アラーム弁内部ディスク交換

アラーム弁内部ディスク交換

朝5時から堺市某テナントで

アラーム弁の信号停止弁が効かないので

修理してほしいと依頼ありました。

 

信号停止弁を閉めたままにしておくと

万が一の火災時に、警報が鳴らないので

発見、避難等が遅れて大変なことになります。

テナントオープンまでに修理しないといけないので、緊張してます。

先ずカバーを外していきます。

 

 

 

ヒンジピンを抜きます。

 

弁体部1式を取り外します。

 

この凸凹部分のどこかで異物の噛みこみがあり

弁を閉めても水が排出されてしまう。

 

新品。上と全く違います。

 

内部の掃除をします。

 

外した順に、元通りに組み立てていきます。

 

 

配管内に注水します。

消火ポンプ起動→制御弁全開

 

 完了。

 

信号停止弁全開。(写真撮り忘れましたが、間違いなく全開しました。)

オープンまでに何とか間に合いました。

お疲れ様でした。

お問い合わせはこちら

  • 求人募集
  • 求人・協力業者募集
  • 施工実績
  • 会社情報
  • 対応エリア

QRコード

PAGETOP